読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドメインが凍結されたお話 [すごい広島51]

すごい広島

すごい広島 #51に参加しました。

すごい広島というのは広島のエンジニアやウェブデザイナーが毎週集まって、 もくもくと作業をしたり読書をしたりしてコミュニケーションの輪を広げる集まりです。

今回のやることリスト

今回はICANNドメイン(nemumu.com)を凍結されてしまったお話です。

 

それは昨日(2014/05/06)のことです。普段使っているサーバへSSHが通らなくなったのでサイトへアクセスしてみると警告ページらしきサイトに転送されていました。

アクセスした際の警告ページは以下のような内容でした。

 

f:id:nemumupoyo:20140510005548p:plain

 

内容は

 You have reached a domain that is pending ICANN verification.

(あんたのドメインICANNが凍結したけえ)

 といったものでした。

 

健全なサイト運営を行っていたのになぜ凍結されたのだろうかと思い注意書きを読んでみると

Why this domain has been suspended.

(なぜドメインが凍結されたか)

 

Email address has not been verified.

(メールアドレスが認証されていない)

This is a new domain registration and the Registrant email address has not been verified.

(新しく登録されたドメインで登録されたメールアドレスが正しくない)

 

or (もしくは)

 

The Registrant contact data for this domain was modified but still requires verification.

(ドメインの連絡先データを修正したが認証されていない)

Specifically the First Name, Last Name and/or email address have been changed and never verified.

(特に、氏名やメールアドレスがメールアドレスが認証されていない)

 という内容だったので、画像認証を入力してメール認証を行いました。すると以下のようなページに切り替わりました。

 

f:id:nemumupoyo:20140510005601p:plain

 

朝(正確には昼)になって確認してみると凍結が解除され、元に戻っていました。

考えられる原因としては先日、ドメインwhoisの設定を変更し管理者メールアドレスを公開代行先のメールアドレスに変更した事が考えられます。

そのため、メールアドレス認証メールなどが公開代行先へ送信され、凍結されてしまったと考えられます。

ドメインが凍結されている間はメールも届かなかったので、重要なメールが来ていたらと思うと怖いものがあります。

 

( ˘⊖˘)。o(whois情報、ちゃんと確認していたのか・・・)